国際ロータリー第2520地区[盛岡西北ロータリークラブ]

復興支援活動

会長挨拶

盛岡西北ロータリークラブ会長所信(2018-2019) 会長 平野 喜直

会長 平野喜直 写真

盛岡西北ロータリークラブは創立29周年目を迎え、いよいよ次年度は創立30周年の節目の年を迎えます。

私が入会した年の田中会長の目標の一つに、会員数40名と掲げたクラブも今日では50名を数えるクラブに成長した事は誠に喜ばしい限りでございます。

これも偏にクラブ内の融和や会員相互の信頼、結束力が実を結んだ事の賜物だと思います。

しかしながら、私を含めロータリーを知る、ロータリーとは何ぞやの問いに上手く答えが返って来ないキャリアの浅井会員が増えた事も事実ではないでしょうか?

そこで、ロータリー活動をもっと楽しくする為に、クラブに入会して間もない会員の皆様にロータリーの勉強会でもありますRLIなどの会合に積極的に参加を呼びかけ、ロータリー活動の本質であります社会奉仕ボランティア活動、或いはロータリーの理念についても理解を更に深めて行くことも肝要かと思います。

この西北ロータリーの勢いを大切に今年度は女性会員の勧誘にも積極的に取り組み更に会員の増強を図り会員相互の親睦を更に深め職業奉仕を通じてロータリー活動が実りのあるものに成ります様、精一杯務めて参りたいと考えております。

創立30周年に向けて、その準備委員会を立ち上げ開設し宮澤エレクト・伊藤幹事に上手くバトンをお渡し出来る様に誠に微力ではございますが瀬川幹事共々、力いっぱい務めて参ります。

結びに、皆様の尚一層のお力添えを宜しくお願い申し上げます。