国際ロータリー第2520地区[盛岡西北ロータリークラブ]

復興支援活動

2020-21年度 会長テーマ「ロータリーは機会の扉を開く」

会長挨拶

2020~2021年度 会長所信 村上貢一

2020‐21年度の国際ロータリー、ボルガー・クナーク会長は、昨年のサンディエゴの国際協議会において、次のように皆さんへ語りました。

ロータリーとは、クラブに入会するというだけでなく、無限の機会への招待です。ポリオ根絶のように大規模で歴史的なプロジェクトから、地域社会でのささやかなプロジェクトや一本の植樹まで、奉仕する機会への扉を開いてくれます。私たちの中核的価値観を基に、世界中の友人たちとともに、より豊かで意義ある人生への機会の扉を開いてくれます。

私たちのあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機会の扉を開いてます。従って、私たちの今年度のテーマは、「ロータリーは機会の扉を開く(Rotary Opens Opportunities)」です。 赤:ローターアクト、黄:現在、青:過去の3つの扉を開き、多様性、世代を超えた価値観で新しい世界へ踏み出し、その先のゴールをつかみ取ろうではありませんか!と示していると思います。

国際ロータリー第2520地区の伊藤智仁ガバナーは、地区戦略を『「ロータリー」と「ロータリークラブRC」との合致点を認識し「公共イメージ」を十二分に発信出来るようにする』としています。地区ロータリーアンの誰しもがロータリーの魅力を語ることにより「公共イメージ」の改善と会員拡大に繋げるとのことであります。

盛岡西北ロータリークラブの今年度のテーマは、「友情と親睦の育みーMy Fellow Morioka Northwestー」としたいと思います。

“Fellow”「フェロー」は君、人、仲間、同志という意味です。今年度は「理念を共有し、胸襟を開いて語り合い、共に歩むことを喜びとする仲間・盛岡西北RC」の土台を築きあげたいと思います。コロナ禍により世界の様相が大きく変化する中、基本に立ち返り、足元をみつめる。一期一会の例会を最も大切にする。出会える喜びと研鑽を積むことにより、クラブが活性化し活気も上がり会員増強にも繋がることを目指します。新たに出席率向上特別委員会も立ち上げました。「友情と親睦の育みーMy Fellow Morioka Northwestー」を目指し、会員皆さんのため、クラブのため、地域のため、世界のため精一杯努めてまいります。至らぬ点多々ありますが、どうぞお力添え宜しくお願いいたします。